株式会社坂内セメント工業所のホームページへようこそ!!

 

自在R連続基礎 

 

NETIS登録番号

NETIS登録番号
 
 CB-050040-VE(掲載期限満了)
 

自在R連続基礎とは

自在R連続基礎とは
 
ガードレールやガードパイプなどの防護柵を設置する際に使用するプレキャスト連続基礎です。
従来工法は歩車道分離の連続基礎や車線規制等、誘導用の仮設防護柵の単独基礎を現場において型枠を組み立て、コンクリートを打設して構築していました。
自在R連続基礎を使用することにより、本設では工期短縮、それに伴う規制期間の緩和、置き式では独立ブロックやH鋼では不可能だった防護柵設置基準等に基づいた安定計算が可能になります。
 
 

工期短縮、コスト削減が可能

工期短縮、コスト削減が可能
 
 

連続基礎とすることで安定計算を可能に

連続基礎とすることで安定計算を可能に
 

自在R連続基礎は、仮設ガードレールの単独基礎(サイコロ状、H鋼など)や、防護柵の現場打ち連続基礎をプレキャスト製品化したコンクリート基礎です。連続使用によって安定計算が可能になり高い安全性を得ることができます。

自在R連続基礎の使用で工期が短縮され、防護柵設置時の規制による渋滞も緩和されます。また、支柱が規定の長さを打ち込めない場合や、置き式防護柵の衝突荷重・風荷重の安定計算を必要とする場合にも効果的です。

 

正面衝突事故が頻発していた場所に自在R連続基礎で中央分離帯を設置した結果、事故はなくなり、設置の際もわずかの規制で済みました。

歩行者や車はもちろん、常に「作業中、もし車が突っ込んできたら…」という不安をかかえている現場作業者の安全を考えると、例え工事中の仮置きであっても、基礎を含めた防護柵の役割はとても重要です。

 

置き式でも安定計算を可能に

置き式でも安定計算を可能に
 

サイコロ状ブロックは基礎が独立しているので、安定計算の根拠付けが困難です。

 
万が一衝突したときに、ガードレールの移動距離が大きくなり、車両用防護柵としての目的を満足できません
独立式では危険
 
 
 
 

自在R連続基礎を使用した

連続基礎式置き式ガードレール

基礎が連続しているので、安定計算の根拠とすることができます。

防護柵の設置基準が平成20年1月に改定され、橋梁部における車両用防護柵に関する記述が改正されました。

 
 

やじろべぇ金具により支柱簡単施工

やじろべぇ金具により支柱簡単施工
 

やじろべぇ金具を支柱に取り付けて、製品にあらかじめ設けてある切り込み溝に差し込むだけで、簡単に支柱の位置を決めることができます。

 

現場施工実績

現場施工実績
 
置き式施工実績写真をクリック
 
本設施工実績写真をクリック
 

自在R連続基礎なら問題解決をサポート

自在R連続基礎なら問題解決をサポート
 
  • 防護柵設置時の交通規制がかけづらい。交通規制の期間を短くし、渋滞を緩和したい。
  • 工期が迫っており、現場打ち基礎では間に合わない。とにかく急ぐ。
  • 支柱打ち込み箇所にケーブル等の埋設物がある。また岩盤や石樂地盤、橋梁で打ち込めない。
  • 置き式の防護柵が必要になったが、安定計算ができて安全性の高い基礎が欲しい。
  • 防護柵基礎の安定計算がよくわからない。

 

上記の内容でひとつでも当てはまったら、お気軽に資料請求を!

 

【お問い合わせ・資料請求は TEL.0244-22-0606

 
本社・会津工場
 
支社・原町工場
TEL.0244-22-0606
FAX.0244-22-1418
 
岩手営業所・北上工場
TEL.0197-72-6071
FAX.0197-72-6072
 
仙台営業所
〒989-3124
宮城県仙台市青葉区
上愛子字雷神6-2-B
TEL.022-395-5526
FAX.022-395-5576
 
北関東営業所
〒329-2713
栃木県那須塩原市緑
一丁目13番地117
TEL.0287-39-2355
FAX.0287-39-2356
 
 
──────────
■事業内容
コンクリート二次製品製造販売
──────────
139376
<<株式会社坂内セメント工業所>> 〒969-7209 福島県河沼郡柳津町大字細八字鴇ノ巣甲300番地 TEL:0241-42-2520 FAX:0241-42-2521